巻物

風の強い仏滅の明け方は足を伸ばして

天空と海に浮かぶ蜃気楼

日々の生活の中で、「悪ガキ」のポジションって、どう思う?無関心と思える?「ドラマ」は、あなたにとっては何なんだろう。

ホーム

悲しそうに歌うあなたと失くしたストラップ

盆が近づいて、とうろう流しなどの催し物が近辺で実行されている。
近辺のイベント会場では、竹や木で作られたとうろうが飾られていた。
近辺の観光施設では、晩に電気の照明はついてなくて、ろうそくの明かりだけなのは、非常にきれいだった。
竹やペットボトルの中で明かりが光っていて、繊細な灯りになっていた。
やさしい光源がそのあたりの樹々を照らし出していてものすごく素敵だった。

ノリノリで歌うあの子とアスファルトの匂い
田舎に住んでいたら、ネットでものが簡単に購入できるようになったのが、たいそう助かる。
その理由は、大型の本屋が市内に2軒だけしかなく、本の品ぞろえも悪いから、購入したい小説も手に入らないからだ。
本屋で取り寄せるよりはインターネットで購入するほうが簡単だ。
だって、本屋に行くだけでマイカーで30分近くかかるからめちゃめちゃめんどうだ。
ネットに手慣れたら、なんでもネットショップで買うようになった。
本以外もネットで購入するようになった。
家電は、ネットのほうが必ず安価で、型番商品は絶対にオンラインショップ買いだ。
ただ、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

前のめりで叫ぶ先生と僕

何でも一個の趣味を、ひたすらコツコツ続けている人に拍手を贈りたい。
スポーツでも、ピアノだったり、凄く小さい習慣でも。
一年に一度、幼馴染の友達と、あの温泉旅館に連泊する!というような事も良いと考える。
何か一個の事を辞めないで続ければ必ず実用まで達することができるかもしれない。
わたしは、3歳の時にピアノとバレエとを教わっていたが、もっと頑張ればよかったな。
こう感じるのは、部屋のはしっこににおかあさんに貰ったピアノが置かれているから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、余裕ができたらもう一度学びたいという夢がある。

一生懸命叫ぶ父さんと飛行機雲
えっと思うくらいただの布は価格が高い。
自分の子供が園に1ヶ月後から通うので、本入れやボール入れが園から指示された持ち物だけれども、しかし、ちょっと驚くくらい縫物の為の生地が価格が高かった。
ことのほか、固有のキャラクターものの仕立てるために必要な布なんて、めちゃめちゃ金額がいった。
あんまり種類も無いのにキャラクターものの裁縫するための布がめっちゃ金額がいった。
使う形のの布製の袋をお店で購入するのが手っ取り早いし、安そうだけれど、地方なので、確認したら、みんな、家でつくったものだし、近くに販売していない。

雨が降る月曜の夜に目を閉じて

水滸伝の北方版の人間くさく男気熱い作中人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主な登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、権力側の作中人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
登場人物に実際の人の様な弱さがうかんでくるのも重ねて、魅了されていたわけだ。
弱いなりに自分の夢とか未来の為に可能な限り腐心しているのが読破していてひきつけられる。
読みとおしていて楽しい。
けれど、ひきつけられる登場キャラクターがひどいめにあったり、夢がやぶれていく描写も心にひびくものがあるから心ひかれる大衆小説だ。

自信を持って歌う妹と花粉症
働き始めて間もないころ、無知で、そこそこ大きな厄介なことをひきおこしてしまった。
悔いることはないと言ってくれたお客さんだが、挽回の方法も分からず、落ち込んでしまった。
若いお客さんが、スタバのコーヒーをプレゼントと言いながらくれた。
勘違いで2つ注文しちゃったんだよね、と言って別の種類の飲み物2つ。
背が高くてひょろっとしていて、とても優しい表情をした良いお客さん。
ありがたかったな、と思い出す。

勢いで話すあの人と月夜

少年は今日、学校の給食係だった。
マスクと帽子をつけて、白い割烹着を着て、他の給食当番達と、給食を給食室へ取りに行った。
今日の主食は、お米ではなくパン。
バケツのように大きな蓋付きの鍋に入ったシチューもあった。
少年は、最も重たい瓶入り牛乳だけは、男が運ばなければならない、と考えていた。
クラス皆の分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
重たい瓶入り牛乳を女の子には運ばせたくなかったけれど、同じクラスで前から気になっているフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思ったので、少年はちょっとドキドキしながら、そのまま2人で牛乳を持つことにした。

具合悪そうに泳ぐ彼と冷たい雨
人類の大半が水分という研究もありますので、水の摂取は人類のベースです。
水の補給を欠かすことなく、みんなが元気で楽しい夏を過ごしたいものです。
きらめく太陽の中から蝉の鳴き声が聞こえるこの頃、普段はあまり出かけないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女性だったら紫外線対策に関して敏感な方が多いかもしれません。
暑い時期のお肌の手入れは夏が過ぎた時に表れるといいますので、やっぱり気にしてしまう部分かもしれません。
そして、誰もが気になっているのが水分摂取に関してです。
まして、普段から水の飲みすぎは、良いとは言えないもののこの時期はちょっと例外の可能性もあります。
というのは、たくさん汗を出して、知らない間に体から水分が抜けていくからです。
外出した時の自分の様態も関係するかもしれません。
ひょっとして、自分で気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
暑い盛りの水分摂取は、次の瞬間の具合に表れるといっても過言ではないかもしれません。
短時間だけ外へ出る時も、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があったらとても経済的です。
人類の大半が水分という研究もありますので、水の摂取は人類のベースです。
水の補給を欠かすことなく、みんなが元気で楽しい夏を過ごしたいものです。

蒸し暑い週末の晩に立ちっぱなしで

友人の彼であるSさんの会社で、定期的に和歌山の梅干しをオーダーしている。
酔っぱらうと電話をかけてくれるSさんの可愛い後輩のEくんは、ほとんどトークがかみ合わない。
ノンアルの時の彼は、相当な照れ屋らしくそこまで多くは話してくれない。
したがって、私自身、E君とまともに会話をしたことがない。

勢いでお喋りする家族と横殴りの雪
サプライズとして親友から貰ったこの香水は、フローラルっぽい香りがする。
似合う瓶で、頭に置いて選んでくれた物で、小さいボトルでリボンがついていてお洒落。
匂いも飾りも大きくいっても華やかとは言い難い香水だ。
香水ストアにはたくさんの香水が並んでいたけれど、ひっそりと置いてあったもの。
大きさは本当にちっちゃい。
可愛くてお気に入りだ。
外に出る時だけでなく、働く時も手提げの中に、家で仕事をするときは机に必ず置いている。
そのことから、私のカバンの中はどれも同じ匂い。
いつも身に着けているので、そうじゃないときは今日あの香りしないと言われる場合もたまにある。
香水ショップにてさまざまな匂いを試してみるのは好きだけど、この匂いが今までの中で最も気に入っている香りだ。

手裏剣


Copyright (C) 2015 天空と海に浮かぶ蜃気楼 All Rights Reserved.
巻物の端